保湿効果を実感できる保湿化粧水の選び方とは?

保湿成分が浸透できるかが鍵 保湿成分が肌に浸透するには、成分をナノ化するのが1つの解決策です。しかし、ナノ化しただけでは、十分に浸透できるとは限りません。大事なのは保湿成分が浸透しやすいように通り道を作ることです。肌は外的刺激を受けることで、肌内部で微弱な炎症を起こしています。この炎症によって肌のラメラ構造が乱れるために、保湿成分の通り道がふさがれてしまいます。ですから、肌内部の炎症を抑える成分で微弱な炎症を絶えずケアする必要があります。そうすれば、保湿成分が通りやすくなり、保湿効果を実感できるようになります。
ラメラ構造をきれいに保つには

ラメラ構造を整った状態で保つには、角質層を潤いで満たす必要があります。角質層の保湿に必要な成分は「セラミド」です。セラミドがたっぷりと配合された化粧水を使うことで、角質層が満たされた状態をキープすることができます。すると、保湿成分が浸透しやすい肌を保つことができます。

保湿化粧品コスメ大賞化粧水部門ランキングBEST3

アヤナス
炎症ケア:96点 セラミド:94点
肌内部の炎症を抑えるコウキエキスを配合しているので、ラメラ構造を整えることができ、保湿成分が浸透しやすい肌に生まれ変わります。また、ナノ化したヒト型セラミドを配合しているため、角質層をしっかりと保湿できます。
アスタリフト
炎症ケア:84点 セラミド:92点
フジフイルム独自のナノ化技術を採用することで、保湿成分を肌にとって必要なところにしっかりと浸透させることができます。
米肌
炎症ケア:82点 セラミド:91点
セラミドを作り出す力のあるライスパワーN0.11を配合しているため、ラメラ構造を整った状態でキープできます。

最も保湿効果を実感できる保湿化粧水はこちら!

保湿満足度に優れているのはアヤナスです!

肌内部で起こる微弱な炎症をケアする成分「コウキエキス」を配合しているので、乱れたラメラ構造を整えて保湿成分の通り道を作ることができます。これにより、保湿成分が浸透しやすい肌へ導くことができます。
さらに、ラメラ構造が整った状態をキープするためにナノ化したヒト型セラミドを配合しているので、保湿成分が浸透しやすい肌をキープできるところがポイントとなってイオます。
アヤナスの化粧水では角質層の潤いをキープするために、セラミドに加えてトリプルモイスチャー処方を採用しています。これにより、肌に水分をためておく力を高めることができるので、潤いを実感できるだけでなく、潤いが続く肌に導くことができます。


保湿成分が通りやすい肌へ導くのはコウキエキスとヒト型ナノセラミドを配合しているアヤナスだけ!
アヤナスの化粧水が入ったトライアルの詳細はこちら
保湿化粧品コスメ大賞化粧水部門では、現在使っている化粧水で潤いを実感できないという方に、保湿効果をしっかりと実感できる化粧水をご紹介しています。保湿というと、保湿成分ばかりに目がいきがちですが、成分が浸透するための肌の仕組みをしっかりと踏まえて、成分が浸透しやすい肌へ導く成分が配合されているかに注目してみました。